会社名 京急フードサービス株式会社
所在地 横浜オフィス 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目16番1号 京急横浜ビル7階 / 本社 〒108-8625 東京都港区高輪2丁目20番20号
設立 昭和23年12月16日
事業内容 飲食店舗の企画・開発・運営・受託・委託
社員数 33名
資本金 32,000千円
株主 京浜急行電鉄株式会社(出資比率:100.00%)
取締役社長 藤田 隆司
経営理念

経営理念

  • こころと心の接点を大切にし、瞬間のサービスを探求することでお客様に喜びと活力を与えます。
  • 地域の情緒を店舗運営に反映させ、その地域の一員としての役割を担い、地域社会に貢献する。
  • お客様と真摯に対峙し、「食」を通じて安心感と信頼感のある企業として、自身とステークホルダーの価値を高めます。
  • 自己研鑽に努め、「知の創造(暗黙知)」「知の共有(集合知)」としてチーム(仲間)に還元し、切磋するなかで向上心を養い、豊かな人間力を育みます。
  • 本物志向の高い志を持ち、希望の芽を見出す心眼力に研ぎ澄まされた人間を目指します。
  • 行動規範に実効性を持たせ、俊敏かつ独創的にこれを実現する。

基本理念

コミュニケーション創造店舗(SPS)として「楽しいひとときの空間」に「ホスピタリティー」をもって提供し、生活者に実意の「潤い」と「活力」を与え、地域社会に貢献します。

複雑に多様化された現代に、あらゆるシーンでコミュニケーションの場面(空間)が失われがちになりつつあります。私たちの店舗は「ホームリージョナルショップ」としてひとときの寛ぎと独特の温かみを感じさせるセカンドリビング の機能を果たし、「お客様同士」が、「お客様とスタッフ」が、「お客様と地域」がより親近感溢れるリレーションシーンを創造できる「SPS(スペースプロダクトショップ)」を提供してまいります。

基本理念

ページトップへ